キバナシャクナゲ
科名
ツツジ科
観察ポイント
前岳 ・ 本岳 ・ 極楽平
咲く期間

この花を見たくて登山をする人も多く、高嶺の花ともいわれています。

枝が曲がっていて真っ直ぐな部分が1尺(約30.3cm)にもならないことから「シャクナシ」、これがなまった言葉が「シャクナゲ」とも。この花は径2.5~3cmで、普通は淡い黄色ですが、白色や、ごく淡い桃色のものも見られます。葉は輪生状に枝先に多数つき、長さ3~6cm。上面には脈がくぼんでで小じわができます。常緑の低木。

その他の高山植物
年月別アーカイブ