千畳敷スキー場2017年の営業予定

2017年4月15日(土)オープン(予定)
※積雪状況、天候により変更になる可能性がございます。

「春の2612体験」

春スキーのベストスポット

駒ヶ岳ロープウェイで行く標高2,612mの中央アルプス千畳敷は、高山帯に位置し日本有数の春スキーエリア、氷河期に形成された雄大なカールは、ヨーロッパのアルプスを感じさせる険しい岩肌と、周りの雑音を全て吸収する白銀の世界、その全面がバックカントリーの滑走エリアです。

カールの一部にはTバーリフトを設置し、大自然を存分に堪能できます。また登山用具を装備して約1時間のハイクアップで稜線まで到達することができます。

営業期間 | 4月下旬〜5月下旬

お勧めカールゲレンデコース

長さが約250メートル、最大傾斜25度、平均斜度15度のカール内コースは、Tバーリフトをご利用いただけるお勧めコースです。

  • 構成斜面:初級者向け40%/中級者向け30%/上級者向け30%
  • 期間:4月中旬頃〜5月下旬頃
  • リフト数:Tバーリフト1基
  • リフト営業時間:9:00~16:00(※天候・ゲレンデ状況による)

Tバーリフト

Tバーリフトとは

Tバーリフトとは、コンクリートの基礎や杭などが必要ない為、景観を損ねない自然環境にやさしい簡易リフトです。

また名前の由来は動いているワイヤーに、T型のフックを引っ掛けることから、Tバーリフトと呼ばれています。普通のリフトより速度は少しゆっくりですが楽に終点まで移動できます。また立ったまま移動するので滑走用具が雪面から離れないことが特徴です。

カール内に設置してあるTバーリフトは、長さが約250メートル、所要時間は約1分です。また滑走エリアは最大傾斜25度、平均斜度15度の斜面をお楽しみいただけます。

Tバーリフトの乗り方

PICT00421.Tバーフックの持ち方
写真のようにTバーフックとロープを一緒に持つ。その際Tバーの向きに注意!!そのまま、ワイヤーに下からあてて手前にひねる。Tバーのボルト部分がワイヤーにからみ、引かれていく。
2.乗り方
Tバーフックを持ち、乗り場 ステージに立つ。フックに着いた木の棒をお尻にあてて両足の間からロープを出す。片手でロープの根元を持つと木の棒が落ちない。ストックは流すようにして、1のようにフックをワイヤーにかける。
PICT00693.乗車中の体勢
乗車中は、斜面に対していつも垂直を保つ。ワイヤーではなくTバーフックのロープ部分を持つようにする。リラックスして、前後のバランスに注意する。

PICT00734.終点での降り方

下り場付近に金具がついており、そこにTバーのフックが当たると自動的にフックが外れるので、最後までフックのロープをつかんでいる。使い終わったフックは、下り場のフック用スタンドにかけておく。

料金

リフト料金表

1回券10回券1日券
200円1,700円2,500円

レンタル料金表

 3時間1日
スキーセット2,500円3,500円
スキー板1,700円2,200円
スキー靴1,200円1,700円
ストック500円700円
ソリ500円1,000円