チングルマ
科名
バラ科
観察ポイント
千畳敷カール ・ 本岳 ・ 極楽平
咲く期間

群生して風に揺られる様子はなんとも可愛らしく、花が終わり秋を迎えるとそこには綿毛をまとった『チングルマの秋の姿』を見ることができます。

ユニークな名の由来は、子どものおもちゃの風車。実の形が似ており、「稚児車(ちごくるま)」から転じてつけられたといいます。葉の長さは6~10cmほど。枝は地面をはい、群生して花畑をつくります。花の色は白。花茎の先に愛らしく一輪を咲かせます。花弁は5枚で、たくさんの黄色い雌しべと雄しべがあり、また花後には、花柱が伸びて放射状に広がります。

その他の高山植物
年月別アーカイブ