クロトウヒレン
科名
キク科
観察ポイント
千畳敷カール ・ 八丁坂 ・ 極楽平
咲く期間

黒いつぼみの状態で見つける人が多いほど、咲いているところを見るのがちょっと難しい花。花を咲かせたクロトウヒレンは夏の花火を連想させます。

亜高山帯~高山帯の草地に生える多年草。分類上はシラネアザミの変種といわれており、花が基本種よりもやや大きく、花柄がないのが特徴です。高さは30~50cmくらいで、花の色は淡紫色をしています。名前の由来は「ヒレアザミ」に対する慣用の日本漢字名の飛廉(ひれん)に、異国の花を思わせるとして唐をつけ、花の色が黒をおびていることからクロトウヒレンと名づけられたそうです。

その他の高山植物
年月別アーカイブ