2612体験

2,612mの千畳敷カールで絶景ハイキング
中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイで2,612mまでわずか7分30秒で到達。
その高低差は日本一!
氷河が作り出した地形、千畳敷カールは
夏は色とりどりの高山植物による雲上のお花畑が広がり、
秋はダケカンバの黄色やナナカマドの赤色による紅葉を堪能できます。
整備された遊歩道で約40分間のハイキングをお楽しみいただけます。

東京、名古屋、大阪から日帰り圏内!

東京・名古屋・大阪などからでも実は高速バスを利用すれば、アクセスも簡単!
東京(バスタ新宿)・名古屋(名鉄バスセンター)からなら乗り換えの心配もありません!

菅の台バスセンターの標高850mからロープウェイの終点2,612m、高低差約1,800mを37分30秒(乗車時間のみ)で、短時間で一気に駆け上がります!

スカイツリーなら4つとちょっと富士山なら7合目の高さ! 何時間も歩くことなく、乗り継ぎがうまくいけばJR駒ヶ根駅から1時間程度で2,612mの世界に行くことができちゃいます!

2,612mの絶景世界、千畳敷カール
千畳敷カールの魅力

千畳敷カールは、今から約2万年前に、氷河のゆったりとした流れにより浸食されて形成されたカール(半円形の窪地)で、畳を1,000枚敷いた広さがあることから「千畳敷カール」と呼ばれています。

カールには下界では絶対に見ることができない「景色」があります。夏には可憐な高山植物の花畑。クロユリ、コバイケイソウ、イワカガミ、ツガザクラ、チングルマなどが可憐な花を咲かせます。
秋には紅に、黄金色に染まっていく鮮やかな山肌。紅葉と緑のハイマツ、そして白い岩石がみごとなコントラストを描き出します。

魅力的な高山植物の数々
標高2,612mにあるレストラン・カフェで千畳敷カールの絶景を楽しみながら食事やお茶ができる!

ホテル千畳敷内にあるレストランでは、窓から千畳敷カールの景色をお楽しみいただきながら食事ができます。
駒ヶ根名物のソースカツ丼や、ご当地名産アルプスサーモン丼をお召し上がりいただけます。
2612カフェでは、広大な景色を堪能できるテラス席がおすすめ。
雪解け水でいれた千畳敷プレミアムコーヒーと季節のオリジナルスイーツをどうぞ。

お出かけ前にチェックしよう!

駒ヶ岳ロープウェイ・ホテル千畳敷ではLINE・インスタグラム・フェイスブック・メールマガジンでお得な情報や、最新情報を発信しています。
あなたのおすきなサービスを利用して、是非ハイキングの前にチェックしましょう!

また、ライブカメラで現在の千畳敷カールの様子や天気・気温なども見ておきましょう!