「映えチャリ」・・あるよ!

11月に入り、朝夕と冷え込むようになりましたね。

それでも小春日和と言われるように、日中はポッカポカな日もあります。

 そんなポカポカな時に、旅行村の「サイクリング倉庫」をようやく整理しました。

 ・・・すると、お宝発見! 

 漫画で見る様な、大きなタイヤの自転車が出てきました。

 これは、「映える、映える」。 (*インスタ映えするかも? の意)

早速、手入れに取り掛かりました。

実際に乗ってみましたが、ハンドルを切ると大きなタイヤが内股にあたって

曲がりづらい、何より転倒して壊したくない・・そんな訳で撮影用にしよう。

 当施設の近くに、駒ヶ根市役所の旧庁舎があります、郷土館と呼ばれているの

ですが、長野県でも数少ない大正期の洋式建築物で一般公開されてます。 

それでは、行ってみましょう。

 

あまり、自転車・・・、目立たないかな? 建築物の方に目がいってしまう。

 

やはり、自転車は人が乗るものだから、きっと 。

 まさに、しっくりきてますね 。

一例として、セピアっぽくすると、

と、いう感じです。

 

 尚、この自転車は、旅行村ゴーカート乗り場にありますので、写真を撮りに

来て下さい。