2612体験

中央アルプス千畳敷カールでは、4・5月もたっぷりの雪でアクティビティを体験できます。
一面の雲海や桜と雪景色のコラボレーションなど、見ごたえのある美しい景色はもちろん、
千畳敷カールの底までらくらく歩けるスノーシューなども魅力です。

冬の2612体験

①「ふもとでは桜、カールは雪景色」の2つの季節を楽しめる

千畳敷カールは標高2,612mに位置し、厳冬期の積雪量は多いときで4m前後に及ぶこともあります。
その雪は梅雨の雨によって解けていくため、ふもとで桜が咲くころも山は雪景色です。
春の象徴のような桜と、まだ冬景色の中央アルプス千畳敷カールを一度に楽しめる、この季節だけの絶景です。

②春でも「スノーシュー」をはじめとした雪遊びを楽しめる

梅雨の雨で解けていく雪なので、千畳敷カールでは例年6月下旬ごろまで雪が残り続けます。
「雪遊び」といえば「冬の遊び」であり、4、5月はさすがにできないだろうと思ってしまいますが、千畳敷カールは「春の雪遊び」にぴったりのスポットです。
スノーシューをはじめとした雪遊びをゆったりとお楽しみいただけます。

スノーシューで雪の上をらくらく散策♪

標高2,612mに位置する千畳敷カールは、春でも2m前後の積雪があります。
スニーカーや運動靴では難しいカール内の散策も、「スノーシュー」を着用すれば
雪に沈むことなくカールの底まで歩くことができます。

①スノーシューって?

img_spring_03

スノーシューは「西洋かんじき」や「ワカン」とも呼ばれる、雪上を歩く装備です。
スノーブーツなどの上から装着して、あとはいつも通り歩くだけ。
雪上でも足が沈まず、特別な技術なしでも雪原の散策をらくらく楽しめます。

②スノーシューの履き方

春の千畳敷カールでは、スノーシューのレンタルを行っています。
レンタルスノーシューは履き方も簡単。
いちど履いて歩くと、すぐにその新感覚の楽しさに魅了されます。
※スノーシュー・ブーツの種類により履き方が異なる場合がございます。
ご不明な点は現地スタッフへお気軽にお尋ねください。

③春スノーシューコースの見どころ

img_spring_04

【Point1】本来は「池」であるはずの場所からの迫力ある景色

春スノーシューは千畳敷カールへ進み、最初に斜面をゆっくり下っていくコースとなります。
ゴール地点は、夏には「剣ヶ池」になる場所で、池を覆う雪の上も歩くことができます。
池から眺める宝剣岳は、ほかの季節には体感できない迫力を備えています。

img_spring_10

【Point2】南アルプス連峰の絶景と日本3大高山

宝剣岳を見たあとに後ろを振り返ると、雄大な南アルプス連峰と駒ヶ根市街地を見渡すことができます。
快晴の日には日本で最も高い山「富士山」をはじめ、
二番目に高い「北岳」、三番目の「間ノ岳」を一望することもできます。
遮るもののない、開放的な景色をお楽しみください。

img_spring_06

【Point3】雪遊び終了後、ホテル千畳敷館内でゆったりと過ごせる

雪遊びを楽しんだ後は、ぜひホテル千畳敷館内へお立ち寄りください。
「2612Cafe」のオリジナルブレンドコーヒーや絶景をご覧いただきながらのお食事で、高所での疲れを癒します。

開催中のイベントやカール内状況、営業状況につきましては
トップページよりご確認ください。